コネクタ付きLANケーブル加工

既製のコネクタ付きLANケーブルで対応できない配線につきましては、当社でコネクタ付LANケーブルをカスタマイズ加工いたします。
イーサネットケーブルのメーカー、型式、長さ、およびコネクタのメーカー、型式をご選定のうえ、製作数量をご連絡頂けましたら、御見積させて頂きます。

製作ご希望のコネクタ付LANケーブルの図面がございましたら、弊社で確認してお見積りさせて頂きます。また、図面がない場合でも、必要情報ご提供頂いたきましたら、お見積りさせて頂きます。

お問い合わせはこちら
製作実績RJ45イーサネットコネクタ
メーカー 型式
ELECOM
エレコム
LD-6RJ45T10/T
LD-RJ45T10/T
LD-RJ45T100/T
LD-RJ45TY10/T
LD-RJ45TY100/T
SANWA SUPPLY
サンワサプライ
ADT-RJ45
ADT-STP
ADT-6RJ
TE Connectivity
タイコ エレクトロニクス
2120892-1
2120892-2
2120892-3
1-406541-1
Telegartner
日本テレガートナー
J00026A0165
J00026A3001
J00026A3002
J00026A3003
J00026A4000
J00026A4001
J00026A4002
J00026A4003
J00026A4004
J00026A5000
J00026A5001
J00026A5002
J00026A5003
J00026A5004
J00026A5005
J00026A5007
Panduit Corp
パンドウイットコーポレーション
&MP588-C
MPS588-C
FP6X88MTG
FP6X88MTG-X
SP688-C
SPS688-C
Phoenix Contact
フエニックス・コンタクト
1421126 1421607
1421877
1422662
1421127
HellermannTyton
ヘラマンタイトン
MPC5E3C2P
MJC5ETL-WHT

LANケーブルとは

LANケーブルとは、LAN(Local Area Network=ローカルエリアネットワーク)を構築するためのケーブルです。 ルーターやスイッチングハブ(ネットワークハブ)といった通信機器と、PC等の端末を有線接続するときに用い、相互にデータ通信できるようにします。

LANケーブルには大きく分けて下記の種類があります。

UTPケーブル

UTPケーブルはシールド処理がされていないLANケーブルのことで、一般的なネットワーク環境で広く使用されます。シールド処理がされていなくても、普通の家庭やオフィスなどでは、ノイズなどの影響はさほど受けませんので、こちらで十分に対応できます。

STPケーブル

STPケーブルはシールド処理がされているケーブルです。とくに電磁波やノイズが発生する環境で使用されます。シールド処理がなされている為、ノイズの直接的な影響は受けませんが、外部のノイズによってシールドに電気が溜まり新たなノイズの発生源となる場合があります。ネットワーク機器に接続する場合、電気がたまるのを防ぐ為アース処理を行う必要があります。

LANケーブルの規格やカテゴリー

ネットワーク機器を接続するために一般使用されるLANケーブルには規格があります。国際基準組織であるISOにも『Class』として定められおり日本のJISも準じております。現状、一般的に浸透している規格はアメリカの【TIA/ EIA/ANSI】規格である『カテゴリー(Category)』です。LANケーブルの多くには、そのカテゴリーを表す略称として『Category』を『Cat』や『CAT』印字表示されております。

『カテゴリー(Category)』の一覧
カテゴリ ケーブル コネクタ 仕様
Cat1 電話コード RJ-9,RJ-11 一般的に使用される電話コードで、RJ-9・RJ-11のプラグが使われております。一般的に普及しているRJ-9ケーブルは、プラグに金属で4極ついておりコード内は4芯のため4極4芯といわれます。RJ-11のプラグは6極です。
Cat2 イーサネット
UTP
RJ-45 ISDNなど4Mbpsまでの低速データ通信用の伝送速度規格です。最大周波数は1MHzで、コネクタ部分にRJ-45プラグを使用します。ISDN回線をTAからTAへ繋いだり、ビジネスホンへ繋ぐ場合などに使われるコードです。LANケーブルとしては使えません。
Cat3 イーサネット
UTP
RJ-45 10BASE-Tイーサネット・トークンリングなどに使用する16Mbpsまでの伝送速度規格です。最大周波数は16MHzで、コネクタ部分は専用のコネクタとなります。
Cat4 イーサネット
UTP
RJ-45 トークンリングを適用範囲とし、20Mbpsまでの伝送速度を規定した規格です。最大周波数は20MHzまで対応しております。新規に構成されるLAN環境は、カテゴリ5以上が一般的です。トークンリングによるLANシステムは、ほとんど使用されません。
Cat5 イーサネット
UTP/STP
RJ-45 100BASE-TXイーサネットなどを適用範囲とし、100Mbpsまでの伝送速度を規定した規格です。広帯域通信を行う場合には不安が残るため、カテゴリ5であればエンハンスドカテゴリ5を選定する場合が多いです。純粋なカテゴリ5準拠ケーブルは現状ほとんど流通しておらず、カテゴリ5eと呼ばれる規格が占めております。
Cat5e イーサネット
UTP/STP
RJ-45 エンハンスドカテゴリ5と呼ばれるUTPケーブルです。1000BASE-Tイーサネットを適用範囲とし、1Gbpsまでの伝送速度を規定した規格です。撚りピッチが小さく設計されており、遠端漏話の規定が加えられ、カテゴリ5ケーブルよりも性能が高くなります。
Cat6 イーサネット
UTP/STP
RJ-45 622Mbpsや1.2GbpsのATM、1000BASE-T/TXイーサネットなどを適用範囲とし、1.2Gbpsまでの伝送速度を規定したケーブルです。最大周波数は250MHzの性能要件を満たしております。10GBASE-Tのネットワークに使用する場合、周波数特性の限界から、37mまでの距離であれば伝送可能とされおります。
Cat6A イーサネット
UTP/STP
RJ-45 10GBASE-T/TXイーサネットを適用範囲とし、10Gbpsまでの伝送速度を規定したケーブルです。最大周波数は500MHzの性能要件を満たしております。カテゴリ6よりも適用できる最大周波数が強化されており、37m以上では性能が保証されないCat6主体のネットワークにおいて、Cat6aを採用することで、通常の100m伝送距離を担保できます。
Cat7 イーサネット
STP
GG45/TERA 10GBASE-Tイーサネットの10Gbpsまでの伝送速度規格です。最大周波数は600MHzで、コネクタはGG-45・TARE・ARJ-45で、ケーブルはSTPのみの仕様となります。
Cat7A イーサネット
STP
GG45/TERA 40Gbps~100Gbpsまでを想定した伝送速度規格です。最大周波数は1000MHzで、コネクタはGG-45・TARE・ARJ-45で、ケーブルはSTPのみとなります。使用出来る距離は40Gbpsで50m、100Gbpsで15mまでです。
Cat8 イーサネット
STP
GG45/TERA 40Gbpsを想定した伝送速度規格です。最大周波数は2000MHz。コネクタはRJ-45で、ケーブルはSTPのみです。使用可能距離は30mまでです。

製作ご希望のコネクタ付LANケーブルの図面がございましたら、弊社で確認してお見積りさせて頂きます。また、図面がない場合でも、必要情報ご提供頂いたきましたら、お見積りさせて頂きます。

お問い合わせはこちら