5S改善活動報告

ビニールチューブの管理と表示

[2014.10.20]

電線を保護する目的で使うビニールチューブですが、サイズが非常に豊富です。色のバリエーションをあわせれば100種類くらいはあるのではないでしょうか。


電線・ケーブルもそうですが、この巻状態の在庫管理というのが意外に難しいのです。未開封の状態であれば、積み上げても問題ありませんが、使用途中の製品は在庫数量も正確にカウントできませんし、保管が中途半端であれば、絡まってしまう恐れがあります。絡まってしまった場合、それを解消するのにかなりの時間ロスが発生します(その上イライラして、精神的にもよくない)。


シンプルですが、ビニールチューブに関しては"吊る"という方法がもっとも適切な保管方法です。その上で、わかりやすいように表示をして管理しています。

  • 5S改善活動報告一覧へ