5S改善活動報告

各自が使う工具の管理方法

[2017.04.03]

当社はライン生産方式ではなく、セル生産方式に近いため、作業者の受け持つ範囲が広いです。そのため各自、様々な工具を使って製作します。


従来は様々な工具を一つの工具箱に放り込んでいました。そのため、工具が取り難いということと、工具を戻したかどうかすぐにわからないということ、そして紛失した場合にもすぐに気づかないということが起こっておりました。


各自が使用する工具の配膳方法は、現時点でも試行錯誤の最中ですが、サンペルカに型抜きして表示、定位置化するという管理方法がベターだと判断しております。この方法に変えてからは、前述の問題は起きなくなりましたので、一定の改善成果が表れたと思います。

  • 5S改善活動報告一覧へ