5S改善活動報告

定量化の表示ラベル

[2020.05.25]


圧着端子を各メーカー、各種類、各サイズを多品種にわたって使用します。電装品メーカーとしては、圧着端子は回転在庫なので欠品してはならない材料の一つとなります。材料の定量化で、在庫の設定ミニマム数量を下回ったら、注文するような仕組にしております。しかし、課題として別の作業者がその材料を使う際、調達依頼中かそうでないか判別し難いという事がございました。

そこで、ラミネートを使った表示ラベルを設置することにしました。ホワイトボード用マーカーで記入するので型式変更も容易です。数枚作成しておけば、どの材料が現在注文中かどうかがすぐにわかります。この表示を活用することにより、重複調達することがなくなりました。

  • 5S改善活動報告一覧へ