5S改善活動報告

工業用糸のホルダーの自作

[2015.09.25]

電線を機器に配線する際、配線先に合わせて複数の電線を経路分けします。その際、一部のユーザーさん指定ですが、工業用の糸を使って、電線を縛り経路分けをします。


複数の電線の束を糸で編み込み、そこから電線を一本ずつ出すという、非常に技術がいる作業なのですが、その作業を少しでも効率化するために、工業用糸のホルダーを製作しました。


ホルダーは、社内の廃材を組み合わせて、従業員で溶接の上手な方が手作りで製作しました。合計4台製作しました。


効率化するための治工具関係はほとんど市販されていません。市販されていても、汎用的なので、使い勝手が悪かったりもします。そのためやはり、本当に効率を上げるにはその作業工程にあった治工具を自作するしかないのです。

  • 5S改善活動報告一覧へ