5S改善活動報告

木製ドラムの保管方法

[2019.06.03]

電線およびケーブルを取り扱う会社にとって、木製ドラムの取扱が非常に厄介です。重量があり、かつ大きいので、非常に保管し難いという状況です。


従来は、木製ドラムを寝かせて、その上に3、4つと重ねておりました。そうすると最下段のドラムを取り出すのに、全部下ろさなければならないという問題がございました。


また、木製ドラムを取り出しやすいように立てて保管すると、上に積むことができませんので、上の空間が完全にデッドスペースとなり、保管場所の面積を広く取らなければなりません。


それらを解決するために、特注でラックを製作しました。木製ドラムを縦型に置けるようにしております。なおかつ、ラックの真ん中に2本の桟がとおっておりますので、桟の間に円形の木製ドラムが軽く嵌り込むようになっており、安定して保管できます。取り出すときは、フォークリフトで、転がしながら、フォークに載せて下ろしております。これで、保管スペースも有効に活用できて、なおかつ、出し入れが効率的になりました。

  • 5S改善活動報告一覧へ